9月9日/10日 オンライン実施『ビジネスモデル・ナビゲーターeWorkshop』~欧州大企業が採用するプロセスベースの事業創造手法速習講座~

  • HOME
  • ニュース
  • 9月9日/10日 オンライン実施『ビジネスモデル・ナビゲーターeWorkshop』~欧州大企業が採用するプロセスベースの事業創造手法速習講座~

事業テンプレートをオンライン共有しチームで新事業創造!「ビジネスモデル・ナビゲーター eWorkshop」

ビジネスモデル・ナビゲーターeWorkshopは、55の勝ちパターンから自社の新たな事業を創造する、『ビジネスモデル・ナビゲーター(翔泳社)』の事業創造プロセスを2日間、計4時間で速習するオンラインワークショップです。

【実施概要】
実施日程: 9月9日(水)、9月10日(木)の2日間
実施時間: 16:00~18:00(両日とも)
参加費:  30,000円(税別)
実施方法: Zoomによる講義及び、オンライン・ホワイトボードによるグルプワーク
※本講座は2日間の連続講座です。両日ともご参加ください。

【申込方法】
参加登録及び参加費のお支払いは、Peatixの専用ページ(外部サイト)よりお願いいたします。
※Peatix以外のお支払い方法をご希望の方はページ下部の問い合わせ先までご連絡ください。

【ビジネスモデルナビーターとは】
ビジネスモデル・ナビゲーターは、画期的な新規事業の創造に課題を持つ欧州の大企業からの委託によって、スイス・ザンクトガレン大学で開発されたビジネスモデル・イノベーション手法です。既存事業を持つ企業がプロセスベースで新たなビジネスモデルを生み出すために、アイデアの創造から立ち上げに向けた検証までのプロセスを網羅的にカバーし、デザイン思考やビジネスモデルキャンパスといったツールの不足点を補うように開発されました。
本手法の最大の特徴は、300以上の成功ビジネスの分析から抽出した”55種の勝ちパターン”を自社に当てはめることで、既存の常識に捉われない画期的なアイデアを創造する事ができます。またシステマチックにビジネスモデルを生み出すためのプロセスとそこに紐づくツールやテンプレ―トが整備されている点が高く評価されています。
欧州ではSAP、ボッシュ、シーメンス、アディダス、ミグロス(流通)、スイスコム(通信)、アリアンツ(金融)といった様々な業種で採用されています。国内でも三菱商事、富士通、デンソー、東京電力、早稲田大学など、大企業を中心に業種を問わず採用が進んでいます。

【学習目標】
本講座を通して、ビジネスモデル・ナビゲーターの事業創造プロセスの実践方法を学習する事を目標とします。

1. ビジネスモデル・イノベーションの重要性を理解する
2. ビジネスモデルの定義を学習する
3. 既存のビジネスモデルの課題点、将来のリスクの抽出方法を学習する
4. 55のビジネスモデル・パターンを活用した、新規事業アイディアの創造方法を学習する
5. 創出したアイディアを具体的なビジネスモデルに落とし込む方法を学習する

【必要となるスキル・知識】
・特になし

【想定対象者】
・新規事業の企画、既存事業の改革に携わる方
・IoTやAIなど最新のIT技術を使ったデジタルトランスフォーメーションの提案を顧客に行う方
・デザイン思考やビジネスモデルキャンパスなどの事業創造手法の活用に課題を感じている方
・ビデオ会議に加え、共有テンプレートを使ったインタラクティブなチーム作業の実施方法を学びたい方

【アジェンダ】
Day1
講義:  ビジネスモデル・ナビゲーター概要/ケーススタディ
タスク: 既存のビジネスモデルの分析
タスク: ビジネスモデルパターンでアイデア創造/アイデアの評価

Day2
講義:  事業設計フェーズ
タスク: 事業アイデアのドキュメント化
タスク: 事業アイデアの検証(発表)

【講師】
渡邊 哲
株式会社マキシマイズ代表取締役/Japan Society of Northern California日本事務所代表

海外の有力ITやイノベーション手法の日本導入と大企業向けのイノベーション支援を専門とする。特に海外ベンチャー企業と日本の大手企業との連携による新規事業創出に強みを持つ。三菱商事、シリコンバレーでのベンチャー投資業務等を経て現職。欧州で開発された大企業向けビジネスモデル・イノベーション手法の国内向け導入、イノベーションを切り口としたシリコンバレーと日本のイノベーション・コミュニティ運営など、日本のイノベーションを促進するための活動を展開中。東京大学工学部卒。米国Yale大学院修了。
共訳書に「アントレプレナーの教科書」、「ビジネスモデル・ナビゲーター」、「イノベーションの攻略書」。

【問い合わせ】
ご不明点やお支払い方法に関するお問合せは、下記のメールアドレス宛にお願いいたします。

info@maximize.co.jp(担当:田中)