世界の教育格差を無くすビジネスモデルを創造 ビジネスモデルをサイエンスするワークショップを開催 ~科学技術振興機構主催「サイエンスアゴラ2019」出展~

  • HOME
  • ニュース
  • 世界の教育格差を無くすビジネスモデルを創造 ビジネスモデルをサイエンスするワークショップを開催 ~科学技術振興機構主催「サイエンスアゴラ2019」出展~

2019年11月17日(日)に科学技術振興機構の主催する「サイエンスアゴラ2019(https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/)」において、「世界の教育格差を無くすビジネスモデルを創造」をテーマにワークショップを実施いたします。本ワークショップでは、実践的なプロセスやテンプレートによるビジネスモデル創出手法「ビジネスモデル・ナビゲーター」を使用し、世界の教育問題を解決する事業アイデアを創出します。

■ワークショップ概要
・日時:2019年11月17日(日) 12:45~14:30 (受付開始12:30)
・会場:テレコムセンタービル 4Fワークショップスペース
(東京都江東区青海2-5-10 ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結)
・参加定員:15名
・参加費:無料
・テーマ:「世界の教育格差を無くすビジネスモデルを創造」
・講師:渡邊 哲(株式会社マキシマイズ 代表取締役)

【参加方法】
・参加希望者は下記のフォームよりご登録をお願いいたします。
(空き枠がある場合は当日会場にて先着順に受付をいたします。)

<参加登録フォーム> 申込期限:2019年11月15日(金)正午
 https://forms.gle/rAKSNEBKy4rpePcy5

 

ワークショップ当日は、1チーム5名ほどのグループワークで「世界の教育格差を無くすビジネスモデル」を創造していただきます。今回利用する「ビジネスモデル・ナビゲーター」手法についてはワークショップ内で解説しますので、事前の準備は特に必要ありません。

【ビジネスモデル・ナビゲーターとは】
スイス・ザンクトガレン大学で開発された、ビジネスモデル・イノベーション手法です。過去にビジネスモデルで成功したといわれる企業の分析から得られた、55枚の新規事業創出のヒントとなるキーワードが書かれたカードによるアイデア創造を中心に、ビジネスモデルを定義するテンプレート等を活用しロジカルでありながら創造性を発揮する手法です。